赤ちゃんのお祝い お食い初め 百日祝い 

赤ちゃんの「お食い初め」をバルーンで撮影効果アップ

 

51DBNP2aT4L 518BW7JspBL

 

お食い初めとは、生後100日頃に行う日本の伝統的なお祝い事です。
「一生食べ物に困る事が無く生活できますように」という願いが込められています。
お食い初めの起源や由来ははっきりとわかっていませんが、平安時代から行われており、
室町時代にお食い初めが行われた記録も残っています。
お食い初めは赤ちゃんに初めて物を食べさせる際に行う儀式であって、食べさせる真似をするだけです。
地域によっては、お食い初めは「食べはじめ」「箸はじめ」と呼ばれるほか、はじめて魚を食べさせることから「真魚(まな)はじめ」、生後100日頃は乳歯が生え始めることから「歯固め」、100日に行われることから「百日の祝い(ももかのいわい)」「百日祝い(ももかいわい)」など様々な呼び方があります。

お祝いの席ではおじいちゃん、おばあちゃんなどの
最年長の人が食べさせることで、「長寿になりますように」という願いを込めます。

あくまでもお祝い事は地域性が強く、風習も違ってきます。
赤ちゃんの幸せを思う気持ちがあってこそですね。
お祝い事に写真や動画撮影は欠かせません。
記念日ごとにフォトスタジオで撮影をされる方もいらっしゃいますが、
赤ちゃんのご機嫌にあわせて撮影ができるのと、今はカメラの進歩がすごいので
パパやママでもステキなな写真が撮れるようになってきました。
リラックスしたご自宅での撮影時にバルーンでの演出はいかかでしょうか?
今すぐamazon JYUGEMU108で購入する

 

 

バルーンフォトは各誕生日にあわせて撮影ができるセット商品になっています。
撮影時の小道具として幅広くお使いいただけます。

51FB2hYDI-L51c2mfMr5lL

バルーンの購入はこちらから

こちらの記事も人気です

コメントは受け付けていません。